新千里北町@畑のある交流サロン

8月に発足したソーシャルギルド。いま案件として一番地域と話が進んでいるのが、千里中央から北に徒歩15分ほどの「北丘小学校」中庭と空き教室をつかった、「畑のある交流サロン」づくりです。

地域が持っている課題・クエスト

この地域は、一戸建てとマンションが混在しているエリアで、高齢化(65歳以上の人口)率は38.4%にものぼります。若い世代が少なく、まちのみなさんは、どうすれば世代間交流が活発になり、地域に愛着をもってくれる若者が増えるのか悩んでいます。

プロジェクトについて

そんな中、7月から発足したのがこのプロジェクト。地域自治協議会の中では、子育て関係の部会に位置づけられています。地域のコアメンバーは15名ほど。その中には、おやじの会や子育てサロン、地域こども教室や公民分館などが名を連ねています。

毎週水曜日は、朝9時から10:30くらいまで畑作業を実施。みんなで畝を立てたり、植え付けをしています。また、土日や他の曜日をつかって、子育て関係やこども・若者対象のサロン活動を企画してほしいという意向もあります。
月に1回開かれる会議(分科会)には、ソーシャルギルドのメンバーも一緒に参加させてもらいながら話を進めています。

9月7日には、ソーシャルギルドに参加しているNPOや学生など有志10名ほどが、現地を見学した上で主に教室でのサロン企画やレイアウトについて意見を出しあいました。

活用できる資源の例

・小学校の敷地(環境教育とあわせて、芋ほり会、竹工作ワークショップ、ハンモックづくりなども可能)
・コミュニティルームと本棚(7m×7.8mくらいの空き教室。カーペットやマットを敷くなどのアレンジ可能)
・北町そのもの(入り組んだ地形で迷路、たくさん公園があるので、整備して活用するなど)

今後の予定

これまでに出た若者・NPO側からのアイデアや意見をもとに、プロジェクトチームが立ち上がっています。イベント情報にてプロジェクト会議の予定は共有します。
ぜひ、みなさまの力をお貸しください。

201509hatakesalon_01 201509hatakesalon_02

201509hatakesalon_04 201509hatakesalon_03201509hatakesalon_05 201509hatakesalon_06

201509hatakesalon_07 201509hatakesalon_08